ギャッツビー

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

「華麗なるギャッツビー」が、映画化されましたが、デカプリオが演じる「謎の大富豪」ギャッツビー(本名ジェイ・ギャッツ)は、どれくらいのお金持ちなのかを調べてみました。

フォーブスによるとギャッツビーの推定個人資産は、現在価値で10億ドル(約1,000億円)だそうです。しかし、フォーブスでは、肝心の計算方法等は公開されていないので、なぜ、1,000億円なのかはわかりません。

Nymag.comというサイトでは、ギャッツビーの収入と支出を小説からの情報を下にかなり細かく調査しており、その結果、次のような収入と支出を得ていたと推測しています:

■1920年〜1922年夏までのギャッツビーの収入(1922年の米ドル):100万ドル(違法アルコールの販売)+25万ドル(サイドプロジェクト10万ドル×2年間)=125万ドル

■1920年〜1922年夏までのギャッツビーの支出(1922年の米ドル):16.5万ドル(パーティー)+100万ドル(自宅(豪邸)の頭金)+16.1万ドル(ローンの返済額、1922年2月〜8月)+1.5万ドル(車)+1万ドル(ボート)+0.2万ドル(服)+2.5万ドル(その他)=137.8万ドル

このように支出の方が収入よりも上回っていることが考えられるため、ギャッツビーは、高収入だったものの支出も多く、経済的には、むしろ困っていたのではないかと結論づけています。

別途、英国のmyvouchercodes.comでは、ギャッツビーの課題な支出壁が現在価値で計算し直した場合どれくらいになるのかをインフォグラフィックにして公開しています。

ギャッツビー収入と支出

このインフォグラフィックによるとギャッツビーのようなライフスタイルを実現するには、現在価値で3,432万ドル(約34億3,200万円)の支出が必要との事です。

ギャッツビー自身は、高収入高支出タイプであった可能性が高く、この点がアメリカ国民の気質と近いところもあり、共感を得ているのかもしれません。

ギャッツビーは、空想の人物ではありますが、このように「お金の価値」(具体的数字)に換算してみるとより身近に見えてきたりする側面がありますね。

■関連記事

ブルームバーグ市長が語る起業で成功する5つの秘訣

ブラックストーングループの不動産部門代表が資産約1,000億円超えのビリオネアに

アメックス(AMEX)ブラックカード「センチュリオン」の条件・年収・メリットを掲載したインフォグラフィック

映画「ウォール街2」に見るマネーの流れ。若きトレーダー、ジェイコブ・ムーアのお金の使い方。

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>