SoFun Holdings

出典:Yahoo! Finance

ジョン・バーバンクが経営するパスポート・キャピタルの2013年度の年率リターンは、23.2%になったとバリューウォークが報じています。

これで、パスポート・キャピタルの平均年率リターンは、18.8%となり、2000年の設立から14年を経ても高いパフォーマンスを維持し続けている少数の「勝ち組ファンド」としての地位を保っています。


バーバンクの見通しとしては、2014年は、FRBによるテーパーが始まることもあり、2013年よりも市場のリターンは、低下し、ボラティリティーは、高まるだろうとの事です。

そして、先進国の株式市場は、新興国の株式市場をアウトパフォームするとしています。

また、技術革新は、世界的に過小評価されている傾向があり、結果的に機関投資家によるテクノロジー関連の株式へのアセット・アロケーションも低い状況が続いているとしています。

このような現状認識の下、パスポート・キャピタルでは、次の銘柄を上位銘柄として保有中との事です。

SouFun Holdings(純資産価値の7%):中国最大のインターネット上の不動産ポータル。市場シェアは、50%以上。

⑵CF Industries Holdings, Inc.(純資産価値の6%):肥料窒素(Nitrogen Fertilizer)の製造・流通を手がける会社

⑶Gaming and Leisure Properties(純資産価値の4%):カジノに特化した唯一のREIT

⑷Cheniere Energy(純資産価値の4%):LNGを開発しているヒューストンの会社

この銘柄選定からも面白い会社を選んで投資をしているな、という印象を受けるポートフォリオですね。


■関連記事

ジョン・バーバンクが、中国のクレイグスリストである58.comの株式の12%を取得