米国の連邦航空局によれば、2020年までに米国の空を飛ぶ無人機の数は、現在の5,000機から30,000機に拡大するそうです。

この内、政府関連が大半を占めるものの、商業利用の民間の無人機も次の5年間で約7,500機に達する見込みとの事です。


懸念点としては、プライバシー侵害及び無人偵察機同氏の衝突事故の可能性等が挙げられ、今後、無人機のルール整備が重要な課題なってきます。

ただ、良いニュースとしては、無人機が増加するに当たり、関連の雇用も生まれる見込みだという点です。

ワシントンポストによれば、次の10年間で10万件の雇用を生み出し、820億ドル(約8兆2,000億円)以上の経済効果を生み出す見込みだそうです。