財政の崖

世界一の投資家として知られるウォーレン・バフェットは、2013年米国時間10月3日午前中のCNBCへのインタビューで

「(「財政の崖」を超えるという)バカげた状態に近づく事はあっても実際に超える事はないだろう」

“We will go right up to the point of extreme idiocy, but we won’t cross it,”

と発言しました。


ウォーレンバフェット

バフェットによれば、共和党は、オバマケアの撤廃を求めて今週下院の閉鎖を引き起こしたものの同じように財政の崖で支払停止状態を引き起こす事はないとの事です。

このまま10月17日を迎えた場合、米国政府は、支払不能状態に陥り、米国債への金利が遅延する事になり、市場で大混乱が想定されます。

米国政府のシャットダウンは、過去にも前例があったため市場への影響も想定範囲内であったものの、米国が財政の崖を引き上げる事ができず、支払不能状態に陥る前例は、未だにないため、その影響は計り知れないものがあります。

解決策としては、10月17日を迎える前に米国の法律で定められている米国債の販売許容限度額を議会で合意を経て引き上げていくという事になります。

財政の崖は、過去に何度も直面しており、その度に限度額を引き上げてきた経緯があります。

今回も引き上げになるはずですが、共和党と民主党が予算案で合意に至れず政府シャットダウンという状況を招いている以上、ギリギリまで時間がかかるかもしれません。



■関連記事

クックパッド(2193)はウォーレン・バフェットの銘柄選定基準を満たしている日本企業?

ウォーレン・バフェットのアドバイスに従って1日500ページ読書してみた男の話

ウォーレン・バフェットが銘柄を選ぶ9つの基準

ウォーレン・バフェットの銘柄基準を満たす2つの日経平均銘柄とは?