SACキャピタルアドバイザーズ

ニューヨーク・タイムズによれば、インサイダートレーディング疑惑で刑事責任を追求されている米国ヘッジファンド、SACキャピタル・アドバイザーズが、政府側から要求されているペナルティー額18億ドル(約1,800億円)に対して約10億ドル(約1,000億円)以上の支払いで和解した模様ようです。

正式な発表はまだなく、内部関係者によるアップデートとなります。

今回、SACキャピタルが和解を拒んだ場合、政府側は、ペナルテー総額を30億ドル(約3,000億円)に引き上げる意思があった模様で、SACの方は、実質的に選択肢のない立ち場に置かれていたと言えます。

詳細は、今後、明らかになっていくと思われますが、良くも悪くも最終的には、お金で解決となるのが、米国ビジネスの商慣習となりつつあります。

仮に大きなルール違反を犯しても適正金額を納める事が出来れば、許されるという傾向があり、その傾向は、強まってきていると言えます。


■関連記事

SACキャピタルアドバイザーズは、今後、自己資産を運用するファミリーオフィスへ転換

SACキャピタルショックの影響。不安が募るウォール街。

世界一高い115億円の豪邸物件(マンション)One Beacon Court(780平米)を所有するのは・・

JPモルガンに新たな訴訟の波。今回は、米国司法省と米国住宅・都市開発省から。