宇宙葬

故人の遺骨をロケットに埋めて宇宙に打ち上げる散骨の一種である「宇宙葬」が注目を浴びています。

米国サンフランシスコで事業展開をするエリジアム・スペース(Elysium Space社)では、1,990ドルで「宇宙葬」のサービスを提供しています。

宇宙葬

インターネットで注文をすると郵便で遺骨を入れるキットが送られてきて遺骨を入れで送り返すだけとなっています。その後、遺骨は、ロケットと共に宇宙に発射されるという仕組みです。


1,990ドルという価格に含まれるサービス詳細は、次の通りです:

宇宙葬

・遺骨の宇宙空間への移動

・遺骨が入ったカプセルへ故人のイニシャルの記入

・宇宙船内で表示されるパーソナルメッセージ

・ローンチ・イベントへの招待

・ローンチ・イベントのビデオ

・「宇宙葬」が完了した事を証明する証明書の提供

遺族は、無料モバイルアプリで宇宙船の場所や宇宙船から見える景色を追う事ができ、1つの家族イベントとして「宇宙葬」を楽しめるようになっています。

また、数ヶ月から数年の飛行を終えた後、最終的には、ロケットは、流れ星となり消えていくそうです。

次回の飛行は、2014年夏を予定しており、フロリダからの発射となります。

昔から故人は、流れ星になるという考えを持つ人もいましたが、希望すれば、誰でも本当の流れ星になれる時代になったと言えます。

また、葬儀の費用は、日本では、200万円以上と言われている中、1,990ドル(約19.9万円)は、リーズナブルな価格設定なので、今後、日米の進歩的な世帯からの申込みが期待できそうです。


■関連記事

老後の生活で悩まないための9つのステップ

「老後ハッピー」と「老後難民」の分け目は、計画をして達成する目標達成力?

マンション投資のメリットは、仕入さえ上手くできれば、後は、毎月家賃収入がもらえる事。