スージー・オーマン

スージー・オーマンは、米国で有名なパーソナル・ファイナンスのトークショー・ホストです。米国に住んだ事のある人や米国の民放を見れる環境にいる人であれば、「スージー・オーマン・ショー(Suzie Orman Show)」を見た事があるかもしれません。

スージーは、ラジオやテレビ等の主要マスメディアで個人でのお金の管理や運用方法について解説しています。具体的内容は、投資信託の購入やドルコスト平均法等についてです。


ただ、彼女は、推定約3,500万ドル(約35億円)という個人資産を保有していると言われていますが、これは、彼女自身が教えている方法を実践した結果ではなく、自らをコンテンツ化し、資産運用系の教材(本・CD等)を販売した結果だと言えます。

ドルコスト平均法で投資信託に投資をしても収入が非凡でもない限り、億単位の資産を築くのは、かなり困難だと言えるでしょう。

また、彼女自身の個人資産は、投資信託ではなく地方債で運用しており、株式市場には、全体の資産の4%しか投下していない事を2007年に告白しています。

マクドナルドの社長が、マクドナルドのハンバーガーを日々食べているのではないようにスージー・オーマンも一般米国民向けの投資指南方法を実践しているというわけではないわけです。

スージーのようなカリスマ的で自信溢れる女性が看板となって「こういう風に資産を運用しましょう!」とプロモーションをすると「こうすれば、彼女のような資産家になれるのかもしれない」と無意識的に思ってしまったりする事もあるかもしれませんが、現実としては、彼女が提示している資産運用方法を実践しても彼女のような資産家にはなれず、彼女自身も自らが教えている資産運用方法を実践していなかったりします(また、彼女自身も彼女のようになれる、とは明言していません。)。

もちろん、「スージー・オーマン・ショー」は、見ていて面白い番組でエンターテインメントとしては、最高ですが、スージーのアドバイスに従って投資信託やドルコスト平均法で行ったとしても彼女のように資産を膨らませていくことは難しく、彼女自身も教材販売で資産を成しているので、この点は、注意が必要ですね。

やはり、プロの意見は参考に聞きながらも資産運用に関しても本業の仕事のようにアンテナを広げ、知識を吸収しながら自ら試行錯誤をしていくのが、一番の近道だと言えます。


■関連記事

クックパッド(2193)はウォーレン・バフェットの銘柄選定基準を満たしている日本企業?

クラシック・カーやスタンプやコイン等を集合したKFLII実物資産インデックスの過去10年間のリターンは、+174%

金融資産30億円以上のHNWI(超富裕層)の興味深い4つの特徴(ナイト・フランク社2013年ウェルス・レポート(Wealth Report 2013, Knight Frank)より)