TESLA

出典:Wikimedia-Commons

次世代のデジタル通貨として注目されているビットコイン(Bitcoin)を利用して買えるものが増えています。

先月末にビットコインで宇宙旅行を決済できるというニュースがヴァージン・ガラクティックから発表されましたが、12月3日には、カリフォルニア州のランボルギーニの代理店でテスラ車のモデルSが成約しました。


テスラ

出典:http://lamborghininewportbeach.blogspot.com/2013/12/we-just-sold-our-very-first-vehicle.html

販売をしたディーラーが、自社のホームページで内容を公開しています。

モデルSは、88,000ポンド(約1,468万円)で売りに出ています。

電気自動車の購入にデジタル通貨が利用されたという事で話題を浴びています。

ビットコイン価格は、今年に入り100倍も上昇しており、バブル状態だという指摘もあり、価格が急騰している内に使ってしまいたいといった需要もあるのかもしれません。

また、ビットコインは、話題性のあるホットなテーマなので、ビットコインで決済できるというニュースは、世界中のニュースで取り上げられる可能性が高く、発信源の企業にとっては、広報として費用対効果が得やすい状態となっています。


■関連記事

リチャード・ブランソンのヴァージン・ガラクティックが、宇宙旅行への決済手段としてビットコインを採用!

ビットコイン(Bitcoin)でお給料をもらう警察長がアメリカのケンタッキー州で登場!