Beach

出典:Wikimedia-Commons

「週4時間だけ働く」(The 4-Hour Workweek)というアメリカのベストセラー本の著者であるティム・フェリス氏(Tim Ferris)がスモール・ビジネス・オーナー向けに効率良く仕事をするための3つの秘訣を公開しています。

「週4時間だけ働く」という本は、「最低限の時間で最大の効果を得る」という事をコンセプトに収入や自分の理想のライフスタイルを組み立てていくという事を解説したビジネス書です。

日本では、あまりメジャーにならなかったという印象ですが、アメリカでは、一般認知度も高いベストセラー本となっています。

また、著者のティム・フェリス氏は、自由人でありながらも世界最高峰の教育機関であるプリンストン大学の卒業生で、自らのサプリメントを販売するネット通販事業(既に売却済)でも成功しているので、信頼でき、オススメです。

(以下、メモ)

Tim Ferriss’s Top 3 Productivity Tips For Small Business Owners
http://www.businessinsider.com/tim-ferriss-productivity-tips-for-small-business-owners-2013-11

⑴既存のカテゴリーでの市場シェアを高めるよりも自ら新しいカテゴリーを創る

「ポジショニングで他のその他大勢と違う立場にいない限り価格を下げ労働時間を増やす不毛な競争に陥ってしまいがち。最初から自分のポジションイングを考え設定すれば、物凄い作業量の節約になるし、ゲームにも勝ちやすくなる。」

⑵自分の努力を80対20で月に1回分析し振り返る時間を設ける

定期的に80対20の分析をする事で自分にとって一番大切で集中すべき事がわかるようになるとの事。

80%の結果を生んでいる20%の作業と80%の時間を奪っている20%の作業を見出して結果を生む作業に集中し、時間を奪う作業を削減する事でより生産的になれると指摘しています。

「ビジネスオーナーになると常に忙しいという罠に陥りがちです。しかし、忙しいからといって生産的であるとは限りません。」


⑶メールする時間をコントロールする

「メールは、時間を奪うもの。理由としては、メールは、緊急内容も含め、自分の事ではなく、他人の事だから。もう1つの理由としては、生産的な事をしているような気分に陥りやすいから。」

ティム・フェリスのアドバイスではメール確認は、1日2回で十分との事。また、emailga.meBoomerang for Googleを利用する事でメールの予約配信をしたり、リマインダーを予約したりできるようになるので、便利との事。

フェリス氏自身もメールは、2日後の予約配信で送付しているようです。

(以上、メモ)

この中だと⑴が一番難しいという印象ですが、⑵や⑶は、取り組みやすそうです。

特に⑶のメール管理術は、スモール・ビジネス・オーナーに関わらず、仕事をしている人であれば、誰でもすぐに意識するだけで実践でき、かつ効果を実感できそうな内容なのでオススメです。

「週4時間」だけ働く。

 ■関連記事

内向的なアナタでも職場で一目置かれる存在になれる方法

イギリスの採用のプロが教える面接で年収アップを交渉する時の9つのポイント

仕事が大好きでたまらない人に共通する5つの理由。これで、あなたも今の仕事が好きになれるかも!?