アメリカは、2組に1組は、離婚をする「離婚大国」として知られていますが、実は、離婚率が高いかどうかは、社会階級によって大きく異なっている、という事をベストセラー経済作家である橘玲氏が書いています。

http://www.tachibana-akira.com/2013/06/5936

アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって 分断されている【追記】

http://diamond.jp/articles/-/37381

アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている

背景としては、主にチャールズ・マレー氏の研究成果を挙げています。

チャールズ・マレー市は、知能の上位20%に入るアメリカ国民(白人)を「ベルモント」の住民、下位30%を「フィッシュタウン」の住民と分類し、それぞれのグループの「離婚率」を比較していきました。


その結果、「ベルモント」と「フィッシュタウン」の離婚者の割合は、かなり異なっているという事がわかったとの事です。

離婚者の割合

このグラフを見てみると知能の上位20%に入る「ベルモント」の離婚者は、過去30年間に渡り5〜8%で安定推移していたことがわかります。

一方、下位30%に入る「フィッシュタウン」の住人の離婚者は、1980年代の15%から2010年の35%近くへ約2倍以上拡大していたことがわかります。

マレー氏の研究では、知的階級(「ベルモント」)は、ほとんど離婚をしておらず、全体として離婚率が増えているのは、労働者階級(「フィッシュタウン」)の離婚者が増えているからだという事がわかります。

高収入な知的階級は、家庭を維持しているのに対して中流や下流階級では、離婚件数がどんどん増えているという構図が出来上がっていると言えます。

幸せな家庭を築くのに経済力が必要だという事は、よく日本でも言われていますが、家庭を維持していくにも経済力が求められているという事を物語っている研究成果だと言えます。


■関連記事

世界で拡大中の経済格差の原因と対策。「PLUTOCRATS」著者クリスティア・フリーランドの講演(TED Conference)。

アメリカ中流階級の37%は、リタイアできない生涯労働生活。そこから抜け出すポイントは?

アメリカの貧富の差を解説した動画

アメリカの貧富の格差は、世帯資産の保有内容(内訳)の差にも表れていた