Upworthy.com

出典:Upwrothy.com

アップワージー(Upworthy.com)というキュレーション系ニュースサイトが急成長しています。

2012年3月にサービスインをし、2012年10月には、月間ユニークユーザー900万人を達成。

その後もトラフィックは、順調に伸びており、アレクサ(Alexa.com)によれば、全世界で283番目にトラフィックの多いサイトとなっています。

アップワージーのアレクサ上のトラフィック推移は、次の通り:

Upworthy

出典:Alexa.com

この成長スピードは、いままであったどのニュースサイトよりも早く世界最速で急成長しているとの事です。

Huffingtonpost.com   全世界64位(米国内18位)

Buzzfeed.com      全世界175位(米国内66位)

Upworthy.com     全世界283位(米国内104位)

Gizmodo.com       全世界571位(米国内301位)


このように立上げからわずか1年9ヶ月で既に名だたる英語圏のニュースサイトと並ぶ形となりました。

調べてみたところ、これだけの爆発力を発揮してきたのは、フェイスブックからの集客に成功した事が大きいようです。

アレクサによれば、アップワージーのトラフィクの約57.7%がフェイスブック経由となっています。つまり、大半のユーザーがフェイスブックから来ているという事になります。

アップワージーのフェイスブックページを見てみると「いいね!」が、496万件となっており、ページの更新も1時間に1回定期的に行われており、組織として力を入れていることが、よくわかります。

また、他の競合サイトのフェイスブック経由のトラフィック情報をアレクサで調べてみるとアップワージーが、突出している事がわかります。

Huffingtonpost.com   全世界64位(米国内18位)  15.9%

Buzzfeed.com      全世界175位(米国内66位)   32.6%

Upworthy.com      全世界283位(米国内104位)    57.7%

Gizmodo.com       全世界571位(米国内301位)    21.2%

アップワージーは、ニュースを生成しているわけではなく、ネット上のニュースをキュレーターがマニュアル的にピックアップしているキュレーションサイトです。

キュレーションの内容が面白く、ユーザーの共感を得られてシェアされて急拡大していった、というのも1つの成功要因ではあると思います。

しかし、自然発祥的に急拡大したと捉えるよりもキュレーションが共感を得た事に加えて先行する競合他社が本気で力を入れていなかったフェイスブックに集中した結果、一点突破に成功した事例だと言えそうです。

日本でも satisfaction guaranteedというブランドが、同じくらいの「いいね!」数(現在、474万件)をフェイスブックページで集めていましたが、こちらは、2011年頃に注目されていましたが、現在は、情報が少なく、どのような状況なのか気になるところですね。


■関連記事

サーチナのようなクロスカルチャー系インターネットメディアには、チャンスがあるという話。

マレーシアで一番アクセスの多いブログ、ホンキアット(HongKiat.com)は、マレーシア国外からの集客が軸になっているのが、面白い。

シンガポールで一番人気の月間PV200万件のブログ「Lady Iron Chef」は、ちょいリッチなグルメブログだった!