ビットコインとは

ビットコインとは、個人(C)から個人(C)へインターネット上で流通しているデジタル通貨です。

通常の通貨は、中央政府が発行しているものですが、ビットコインは、中央権威がなく特定の発行母体に依存していないという点が、注目されています。

ビットコインは、2008年に「ナカモト・サトシ」という日本人のハンドルネームを持つ人物が考案したものとして知られています。

ビットコインは、銀行を経由する事なくインターネット上で個人から個人へ流通しているので決済手数料がなく、すべての国で利用可能でアカウントが凍結されるという事もなく、活用する際の事前条件もないのが特徴的です。

また、「ビットコインマイナー」という無料採掘アプリケーションを使える人ならアプリケーションを立ち上げる事で誰でも生成する事ができます。

採掘は、一枚のビットコインを生成するのに時間がかかるためネットワーク全体で調整され、ビットコインの生成量に自動的に規制がかかるようになっています。

そのためどれくらいのビットコインが、供給されるのかは、予測可能となっています。

ビットコインを送金すると電子シグナチャーが盛り込まれ、数分後に採掘者により承認され、匿名で保存される事になります。

インターネットで出版業界が変わったようにビットコインは、金融業界に革命を起こしつつあると言えます。



アメリカでは、既にビットコインを活用してビデオゲーム、本、ギフト、サーバーの購入等ができる環境が整ってきています。

現在、ビットコインは、ビットコイン交換所でドルやユーロに変更する事が可能となっており、ビットコイン決済の導入は、急速に広まりつつあります。

日本では、まだほとんど知られていない決済方法ですが、アメリカを中心に凄い勢いで広まっており、カナダでは、ビットコインから現金を引き出せる世界初のATMが出店されたりしているので、もしかしたらFacebookやツイッター同様、アメリカ発のサービスですが日本でも普及するかもしれません。

■関連記事

ビットコイン投資で27ドルが、4年間で偶然886,000ドルになったという話。

新100ドル札が、10月8日(火)から流通開始