Entrance_To_Yahoo_Headquarters_2出典:Wikimedia-Commons 

大手ドメイン業者Sedo.comによれば、米ヤフーが、使用していない一部ドメインをオークションで売却予定との事です。

11月14日〜21日までSedo.comで開催されるオークションでは、sandwich.comやreligious.netやav.com等が売却リストに含まれています。

リストの中で一番高価なドメインは、av.comと言われており、100万〜150万ドル(約1億円〜1.5億円)が、売却希望価格となります。

他にも売却予定のドメインは、たくさんあり、合計100点以上になる見込みとの事です。


●airtrafficconctrol.com     ●policescanner.com

●blogsport.com        ●sled.com

●crackers.com       ●thebroadcastnetwork.com

●cursed.com          ●transmissions.com

●dotbank.com        ●truestory.com

●finalcountdown.com     ●vivas.com

●fonzo.com          ●webcal.com

●globalwhois.com        ●webserver.com

●irecruiter.com         ●westerns.com

●jockeys.com

ドメインを購入するには、Sedo.comから買付る必要があります。

Sedo.comは、ドイツに本社を置く、全世界で200万人の会員を誇るドメインを売買するマーケットプレイスです。1,700万点以上のドメインが売却用に公開されています。

100点も出品されているという事なので、今回のオークションだけで500万〜1,000万ドル(約5億円〜10億円)の売却益となるかもしれません。

ヤフーは、昨年だけで39.45億ドル(約3,945億円)の純利益を挙げているので、決算上の貢献度合いは、ほとんど見込めませんが、ヤフーほど知名度のある企業がドメインを一括で売り出すのは、珍しい事なので、どれくらいの売買高になるのかは、注目していきたいところです。