Athens Greece

出典:Wikimedia Commons

ロイターによれば、ジェームズ・ディナンが率いるヨーク・キャピタルは、先週、ギリシャの建設会社、GEK Ternaの株式を10%、また、GEK Energyの同系列のエネルギー企業の株式も3%、1億3,500万ドル(約135億円)で購入したとの事です。

10月にヨーク・キャピタルは、Alpha Bank A.E.及びPiraeus Bank SAにも投資をしたとフィナンシャル・タイムズが報じており、それに続く投資となった模様です。

ヨーク・キャピタルは、ニューヨークに本社を置くヘッジファンドで1991年から営業活動を展開しており、現在、推定140億ドル(約1兆4,000億円)を運用しています。

アメリカのヘッジファンドを中心にギリシャの経済回復を念頭に入れた先行投資が今年後半から本格化してきており、ヨーク・キャピタルもギリシャは、投資適合と判断した模様です。


■関連記事

2013年10月最も投資リターンの高かった投資対象は?

ギリシャ経済は、2013年に大底を打って回復するというシナリオをジョン・ポールソンのヘッジファンドが描いているという話。