Zoes Kitchen

出典:zoeskitchen.com

地中海料理のレストランチェーン111店舗をアメリカ展開しているゾーイーズ・キッチン(Zoe’s Kitchen)が、4月10日(木)にニューヨーク証券取引所に上場しました。

1株15ドルで時価2.76億ドル(約276億円)での初値となりましたが、その後、株価は、上昇し、4月11日を24.72ドルで終了。

今回のIPOで、同社は、約8,750万ドル(約87.5億円)を調達しました

ゾーイーズ・キッチンは、1995年に始まったチェーンで、共同設立者の1人であるカシマス氏の母親の名義「ゾーイー」が店舗名に採用されています。

既存店舗の平均売上高が、2009年に110万ドル(約1億1,000万円)だったのが、2013年には、150万ドル(約1億5,000万円)に伸びています。

既存店の売上高が伸びているということは、既存店の実力がアップしているという良いサインです。

売上高の方も2009年に2,080万ドル(約20.8億円)だったのが、2013年に1億1,640万ドル(約116.4億円)と順調。

調整済みEBITDAも2009年の90万ドル(約9,000万円)から2013年には、1,090万ドル(約10.9億円)に。

このように既存店売上高と調整済みEBITDAが、順調だったことに加えて、地中海レストランという切り口やブランドイメージの良さも加わり、総合的に投資家に評価されたものと思われます。

同社のティッカーシンボルは、覚えやすいZOESです。

スポンサーリンク